亀の子束子メイン画像

日本を磨いてきた確かな力「亀の子束子」

亀の子束子は約100年前、東京で生まれました。
それまでの藁や縄を束ねただけの洗浄道具は、もろく洗浄力がありませんでしたが、
棕櫚繊維を針金で巻いた「亀の子たわし」の発明は「洗い方そのもの」を変えることになりました。
以来、明治・大正・昭和・平成と亀の子束子は同じ名前、同じ形、同じ品質で日本を磨き続けてきました。

創業当時から製造方法がほぼ変化していない亀の子束子は職人の技術そのもの。
最高の素材と最高の技術でつくられた亀の子たわしこそが「日本のたわし」であるといわれています。

おすすめ商品